FANDOM


MiqoteConcept

エオルゼアでは少数族になる民族。第五霊災大氷雪時代に獲物を得るために移住してきた。大きく張り出した耳と、尾っぽが特徴的。同民族同士だと、縄張り争いをするので単身で暮らす者が多い。男性は特に他人との接触を避ける傾向がある。

サンシーカー 編集

MiqoteSun

自らのことを「太陽の使人」と呼び、太陽神アーゼマを信仰している者が多い。リムサ・ロミンサでは一定の数の部族が暮らしている。また、サゴリー砂漠で暮らす者も存在している。

ムーンキーパー 編集

MiqoteMoon

自らのことを「月の防人」と呼び、月神メネフィナを信仰している者が多い。 黒衣森で狩りを行う為、長い間グリダニアと対立していたが和解に向けて進んでいる。

画像 編集

関連リンク 編集